【雹(ひょう)被害対策】雹(ひょう)やあられから車を守る方法


雹 ひょう あられ 車 傷 車両保険 修理 免責 凹み へこみ 埼玉県 千葉県 等級 車両保険 保険代理店

大きい場合ピンポン玉大のものも含まれる雹(ひょう)による被害、車両や建物、カーポートなどの損壊に注意が必要です。


直接当たると怪我をしてしまうような大きさのものもあり、まずは、頑丈な屋根のあるところに避難して、窓からもできるだけ離れるようにしてください。


自宅にいる方は雨戸やシャッターを下ろすようにしてください。


雨雲の到達までに時間の余裕がある場合は、身の安全を確保しつつ、車両を頑丈な屋根のあるところに移動するなどの対策をしてください。




雹(ひょう)は、直径5mm以上の氷の塊です。あられは、直径5mm未満のものとされています。特に雹は固い氷の粒であることから勢いよく車体に打ち付けられると無数の傷やへこみにつながります。雹は天気の状態が不安定な時に起こります。雹が降っていると分かったら早めに車を守る行動をとることで車体へのダメージも少なくて済むでしょう。


車を守るポイント

  • 雹(ひょう)やあられが降ってきたら屋内の駐車場などに避難

  • 厚手の車体カバーや毛布などで車体を保護し衝撃を和らげる

  • 通行中は雹(ひょう)が原因で起こる冠水に注意

雹(ひょう)やあられが降ってきたらできるだけ屋内の駐車場などに避難し車体に雹が当たらないようにするとよいでしょう。自宅の駐車場に屋根がなく屋内に車を避難させることが難しい場合などは厚手の車体カバーや毛布などでボディを覆うことで雹の衝撃を和らげることで車への損害を抑えることができるでしょう。また、雹は、氷の塊なので地面に溜まってしまい道路の排水設備が詰まってしまうことで冠水などにつながる恐れがあります。冠水しそうな場所などは、事前に確認しておくようにしましょう。

閲覧数:8回0件のコメント