2022年6月3日 雹被害速報 - 関東で連日のピンポン玉サイズの雹(ひょう) 車両の損壊に注意



雹(ひょう)被害注意エリア:埼玉県久喜市


3日(金)の関東は大気の状態が非常に不安定になり、局地的に激しい雷雨に見舞われています。


昨日に続いてピンポン玉大の雹(ひょう)が降ったところがあり、車両や建物、カーポートなどの損壊に注意が必要です。


シャッターを下ろす、車の避難などの対策を16時現在、発達した雨雲が埼玉県や茨城県を通過中です。


埼玉県からは昨日2日(木)に続いて今日も手のひらに乗るようなピンポン玉大の雹(ひょう)が降りました。直接当たると怪我をしてしまうような大きさです。頑丈な屋根のあるところに避難して、窓からもできるだけ離れるようにしてください。自宅にいる方は雨戸やシャッターを下ろすようにしてください。


昨日は雹(ひょう)により自動車やカーポートなどの構造物への被害が発生しており、今日も同様の被害が発生するおそれがあります。現在通過中の発達した雨雲は、このあと南東方向に進む予想です。雨雲の到達までに時間の余裕がある場合は、身の安全を確保しつつ、車両を頑丈な屋根のあるところに移動するなどの対策をしておくと安心です。

閲覧数:12回0件のコメント